【ビジョンピークス グラムチェア ハイバック レビュー】手頃な価格で全身リラックスできる納得のチェア

ゆったり背中を預けられるチェアといえばハイバックチェアがおすすめです。

私は初めてのアウトドアチェアに「ビジョンピークス グラムチェア ハイバック」を選びました。

グラムチェアハイバックの全体
6,990円とお手頃価格ながら張り材のファブリックな触り心地が気持ち良いハイバックチェアです。

ここでは「ビジョンピークス グラムチェア ハイバック」のサイズや特徴、メリットデメリットをご紹介します。

ビジョンピークス ハイバックグラムチェアのスペック・特徴

メーカーVISIONPEAKS(ビジョンピークス)ヒマラヤオリジナルブランド
名称グラムチェア ハイバック
価格¥ 6,990(税込)
サイズ使用時:(約)幅58cm×奥行76cm×高さ102cm
収納時:(約)57cm×12cm×厚み15cm(約10L)
座面の高さ前方45cm×後方35cm
総重量(約)2,000g(収納バッグ含む)
耐荷重80kg
主素材構造部材/金属(アルミニウム)表面加工/アルマイト
張り材/ポリエステル
公式HPVISIONPEAKS(ビジョンピークス)ヒマラヤ公式オンラインショップ

張り材はポリエステルですが、ジーンズのような触り心地がお気に入りです。

コストパフォーマンスが高く、メーカーやブランドをこだわらない人に優しいですね。

使用時の特徴

ビジョンピークスハイバックグラムチェア使用時の様子

使用時のサイズは(約)幅58cm×奥行76cm×高さ102cmです。

身長180cm、体重70kgの私が使用するとヘッドレストからげんこつ1個分頭が出ます。

腰から上の傾斜が絶妙で寝落ちできます。

グラムチェアハイバックの背もたれ

フレームはガイドワイヤー(ショックコード)が入っており、組立が楽チンです。

ビジョンピークスハイバックグラムチェアのガイドワイヤー

体重を支えるフレームはがっしりしており安心感があります。

ビジョンピークスハイバックグラムチェアのフレーム

脚先は球形のゴムキャップが付いているので、フローリングで使っても傷が付きません。

始めの頃は張り材を被せるのが大変でしたが、使用するうちにスムーズに被せる事ができるようになります。

若干伸びたのでしょうね。\٩( ‘ω’ )و /

収納時の特徴

ビジョンピークスハイバックグラムチェア収納時の様子

収納時のサイズは(約)57cm×12cm×厚み15cm(約10L)、総重量(約)2,000g(収納バッグ含む)なので、アウトドアチェアとしては大きいです。

収納袋はスペースに余裕があり、大雑把に収納しても大丈夫です。

2Lペットボトルと比較したのが上の写真です。

大体、2本分くらいの長さと1.5本分の厚みがあります。

ビジョンピークス グラムチェア ハイバックを実際に使って分かった事

大手メーカーに劣らないデザインと品質で、価格を抑えたハイバックチェアです。

デイキャンプへ行く時もこのチェアを持ってゆっくり過ごしています。

設営・撤収も簡単で使うほどに愛着が湧いてきます。

持ち運びに特化したモナークチェアを購入してからは、自宅で使用する機会も増えました。

モナークチェアの詳細レビューはこちら

【エーライト モナークチェア レビュー】ユラユラ揺れてリラックス!収納時は軽量コンパクトなユニークチェア
ゆらゆら揺れる独特の座り心地が心地よいエーライトのモナークチェアを購入しました。キャンプ場へ行く前に室内で使っていましたが、実戦で活躍できるのか。ここでは実際に使って分かった特徴をご紹介します。

グラムチェア ハイバックのメリット

頭まで支えてくれるヘッドレスト付き

ビジョンンピークスのグラムチェアハイバック使用時ハイバックチェアの為、背中から頭までをカバーする背もたれの広さがリラックスできる座り心地を生み出してくれます。

背もたれが垂直でなく、傾斜があるのもポイントですね。
グラムチェアハイバックの背もたれ
暖かい日差しと木漏れ日の下で寝落ちする未来が見えます(*´Д`*)

収納袋が小物入れになる

ビジョンンピークスのグラムチェアハイバックの収納袋
設置後、収納袋がチェア右横のフックに取り付けられます。
ビジョンンピークスのグラムチェアハイバックのフック
収納袋を紛失するリスクを減らすだけでなく、小物入れとしても機能します。

重たい物はバランスを崩しますが、500mlペットボトル程度でなら問題なし!

座ったまま小物を取り出せるので、楽チンです。
グラムチェアの収納袋をサイドポケットとして利用

私は夜に着る用の上着を入れる事が多いです。

グラムチェア ハイバックのデメリット

座面が高くロースタイルに合わせ難い

座面の高さが前方45cm×後方35cmなので、屈む形が多くなり、お腹が圧迫されます。
アルミロールテーブルとハイバックチェア
特に「B-6君」や「アルミロールテーブル」と一緒に使用する時に窮屈さを感じます。

しかし、グラムテーブルと使用する時は違和感を感じないので、組み合わせるテーブル次第とも言えそうです。

グラムテーブルの詳細レビューはこちら

【ビジョンピークス グラムテーブル レビュー】軽量コンパクトで収納性に優れた1人用にちょうど良いサイズのロールテーブル
3,500円で品質がしっかりしたテーブルが購入できました。キャンプ場ではもちろんですが、ちょっとした時に屋内でも使っています。ここでは「ビジョンピークス グラムテーブル」を実際に使って分かったことを紹介します。

背もたれが風の影響を受けやすい

張り材がメッシュではないので、風の影響を受けます。

トイレなどで席を立った時に強い風が吹くと転倒しているのです。

倒れるだけなら、立て直すだけなので面倒だとは思いません。

しかし、焚き火など火気が近くにある時は要注意ですね。

グラムチェア ハイバックはどんな人におすすめ?

アウトドアで全身を預けてリラックスしたい人におすすめのチェアです。

収納サイズが気になりますが、大きいバックパックには入るのと別の道具を軽量化することにしました。

キャンプ場でテントの次に長く過ごす場所ですしね。

まとめるとグラムチェア ハイバックはこんなに人におすすめです。

・全身を預けられるチェアが欲しい人
・高コスパなチェアを求めている人
・道具の積載量にゆとりがある人

グラムチェア ハイバックはどこで買うのがおすすめ?

ネットなら楽天で購入するのがおすすめです。

Amazonでも購入できますが、楽天のヒマラヤスポーツから購入すると「店頭受取」を選択することができます。

近くにヒマラヤスポーツがあれば、他のキャンプ道具を見るついでに受け取りができます。

もちろん、自宅まで配送してもらうこともできます。

楽天でグラムチェア ハイバックを確認する

グラムチェア ハイバックのまとめ

グラムチェアハイバック使用時
ハイバックチェアは収納サイズが大きいですが、使用時の満足度が高いです。

さらに、収納袋がサイドテーブル代わりになり使い勝手を向上させてくれます。

自分がリラックスできる姿勢をとらせてくれるチェア探しはまだ続くでしょうが、初めての買い物にしては満足できる使用感です。

最後におすすめポイントと残念なポイントをもう一度おさらいです。

・ガイドワイヤーので組立・撤収が簡単
・全身を預けられフィットする座り心地
・収納袋がサイドテーブル代わりになる
・確かな品質とデザインなのに低価格
・収納時のサイズが大きめ
・風の影響を受けやすい

下記記事では一緒に使用している「アルミロールテーブル」、「グラムテーブル」を紹介しています。

ぜひ、参考に読んでみてくださいね。

他に使っているチェアは「ALITE モナークチェア」と「PATATTO250」です。

ぜひ、参考に読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました