【お多度かけねば片参り】馬に会える神社!天下の奇祭上げ馬神事で有名な多度大社へお参り!

上げ馬神事で有名な三重県桑名市の多度大社へ行ってきました。

桑名市は岐阜からも近いので、過去にも行った事があります。

中部地方では、毎年GW頃に「上げ馬神事(youtube)」がニュースに取り上げられます。

さて、この記事では三重県の多度大社へ行ってきた感想をご紹介します!

多度大社の基本情報

多度大社の参拝口

名称多度(たど)大社
住所〒511-0106 三重県桑名市多度町多度1681番地
電話番号0120-37-5381 /繋がらない場合 0594-48-2037
主祭神天津彦根命(アマツヒコネノミコト)
公式HP多度大社公式HP

多度大社の境内・写真多め

到着して目に付くのが急坂!

ここで、上げ馬神事が行われます。

多度大社上げ馬神事の坂

何やら人だかりができています。

多度大社の白馬1

白馬がいました。綺麗なサラブレッドです。

多度大社の白馬

時代を感じる看板。

多度大社ドローン禁止の看板

車のお祓いもやっているようです。

多度大社車の御祓

神社の最奥に本宮がありました。

多度大社の本宮

多度大社を参拝して良かった点

上げ馬神事が行われる坂を見る事ができた

多度大社上げ馬神事の看板
上げ馬神事をニュースで見る事はあっても、実際にどんな坂かは知りませんでした。

実際に見てみると予想以上の急坂。

ここを馬が一気に駆け上がるのが信じられないくらい急な坂です。

上げ馬神事は毎年5月4日、5日に行われる豊作の吉凶を占う神事です。

映像で見るだけでは感じられない迫力を感じ取れました!

白馬に出会う事ができた

多度大社の白馬
多度大社には「白馬伝説」という伝承があります。

多度山に在わします神の使者が白馬という伝説です。

多度山は昔から神が在わします山と信じられ、人々は、農耕に恵みの雨を乞い、 出生に安産を祈るというように、日々の暮らしの平穏や家族のしあわせを祈り続けてきました。その願いを神に届ける使者の役割を果たすのが、多度大社に1500年前から棲むといわれる白馬です。

(引用:多度大社HP 白馬伝説

境内の中にも新馬(白馬)がいました。

お賽銭をあげて餌をあげることも可能です。(手渡しは禁止)

蹄鉄(ていてつ)のお守りも販売していました。

馬好きな方にもおすすめの神社です。

三重県に競馬場はありませんが願掛けに参拝してみてはいかがでしょう。

多度大社を参拝して気になった点

参拝の階段が長い

多度大社の階段
大きな神社はどこもそうですが、階段が長いですね。

上げ馬神事の馬は階段ではなく急坂なので文句も言えません。

体力つけて臨みましょう (● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

駐車料金が必要。小銭の準備を!

多度大社の駐車場
多度大社近くには駐車場が何か所かありますが、どこも有料でした。

神社の入り口すぐの場所に運よく駐車できました。

駐車料金は200円でした。

まとめ 上げ馬神事の時に行きたい!

多度大社の本宮
初詣の参拝客も落ち着いた1月中旬だったので静かに参拝する事ができました。

次回は上げ馬神事の時に挑戦してみるのもありかなと思っております!

コメント

タイトルとURLをコピーしました