【ロゴス Xステンタフネスベースペグ レビュー】コンクリートを打ち抜くステンレスペグ

わかりやすく凄い!

ロゴスのテント(ソロドーム )を購入した時に、ペグもロゴスで購入しました。

それが「ロゴス Xステンタフネスベースペグ」です。
Xステンタフネスベースペグ
今まで10回以上キャンプで使用していますが、硬くて入らないという地面はありませんでした。
(ペグハンマーが先に壊れましたが…)

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥1,560(2020/10/25 19:07:21時点 Amazon調べ-詳細)

ここでは「ロゴス Xステンタフネスベースペグ」のサイズや特徴、メリットデメリットをわかりやすく紹介していきます。

ロゴス Xステンタフネスベースペグのスペック・特徴

メーカーLOGOS(ロゴス)
商品コードNo.71991011
名称Xステン タフネスベースペグ30cm
価格¥1,210(税別)
サイズ(約)30cm
総重量(約)152g
主素材ステンレス
公式HPLOGOS(ロゴス)公式 製品情報

サイズの種類は20cmと30cmです。

テント用には20cm、風が強い日やタープ用には30cmが適しています。

X字ペグの為、固定力が高く強度があります。

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥1,560(2020/10/25 19:07:21時点 Amazon調べ-詳細)

ロゴス Xステンタフネスベースペグを実際に使って分かったこと

ステンレス製で錆に強く、メンテナンスもしやすいペグです。

スノーピークのソリステを購入する前は、第一線で活躍していました。

今はロゴスのソロドームや、インナーテントの設営に使用しています。

ロゴス Xステンタフネスベースペグのメリット:サビにくく、見つけやすい

ステンレス製でサビに強い

ロゴス Xステンタフネスベースペグの全体
ロゴス Xステンタフネスベースペグは名前の通り、ステンレス製です。

ご存知の通り、ステンレスはサビに強いのでメンテナンスが楽になります。

キャンプ場の炊事場で土落としするのは、憚られますし、さっと拭くだけで土落としができるのは良いですね。

シルバー色が目立って紛失防止

Xステンタフネスベースペグと地面
キャンプ場から撤収する際に多い忘れ物が「ペグ」。

地面から引き抜いてすぐに回収すれば良いのですが、抜いて最後に拾おうとすると忘れがちですね。

ステンレスのシルバーが芝や石の上でキラリと光って目立ちます。

帰る前にサイト全体を見渡した時に見つけた時は、感動しましたね(´▽`*)アハハー

硬い地面も安心の強さ

村の鍛冶屋ペグハンマーヘッド
湖畔サイトや河原サイトなど石が多いサイトでもペグダウンできます。

X字なので固定力も強いのが魅力です。

ロゴスのYouTubeチャンネルでコンクリートブロックを打ち抜く動画を見つけた時は呆気に取られましたね。

コンクリートブロックよりも石の方が硬いのでは?という疑問は内緒( ´∀`)ヵヵヵ

ロゴス Xステンタフネスベースペグのデメリット:あのペグにはあと一歩か

ペグのヘッドが小さい

Xステンタフネスベースペグのヘッド
ペグを打ち込む時に実際に叩く場所がペグのヘッド。

この部分の直径が約13mmと小さめで、ペグダウン時にミスショットしやすいですね。

収納時はスリムで場所を取らないので、トレードオフですね。

フックが短く、打ち込みが辛いか…

Xステンタフネスベースペグのフック
これは、スノピのソリスてを使う様になってから感じたことです。

丸穴の下端からフック先端までの長さが約10mm短いのです。

4箇所のペグダウンなら40mm、8箇所のペグダウンなら80mm変わってきます。

タープやテントなどペグダウン箇所が多い人ほど、少しの差が響いてきますね。

ロゴス Xステンタフネスベースペグはどんな人におすすめ?

ペグのメンテナンスを簡単に済ませたい方におすすめです。

硬い地面でも使用できる貫通力はもちろん魅力ですが、ステンレスペグならではのメンテナンス性の良さが他に無いメリットです。

キャンプ場から帰ってきた後の掃除・メンテナンスまでがキャンプですからね

まとめると「ロゴス Xステンタフネスベースペグ」はこんな人におすすめです。

・高くても良いペグを永く使いたい人
・固定力・貫通力の高いペグを探している人
・キャンプ終わりのメンテナンスを楽チンにしたい人

ロゴス Xステンタフネスベースペグのレビューまとめ

Xステンタフネスベースペグのロゴ
ソリステもエリステも知らない状態で購入しましたが、勝るとも劣らないペグです。

硬い地面でもバッチリ刺さって、しっかり固定してくれます。

しかし、ちゃんとしたペグを使ってから、付属のアルミペグを使用した時の不安感は半端ないです。

ペグは消耗品と捉えられがちですが、良い物は良い値段がするので大切に使いたいですね。

最後におすすめポイントと残念なポイントをもう一度おさらいです。

・ステンレス製でサビに強い
・メンテナンスが拭き取るだけで楽チン
・シルバー色の本体カラーが撤収時に見つけやすい
・打ち込む時の使い心地は今一歩
・X字は固定力が強い分、撤収時に抜けにくい
created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥1,560(2020/10/25 19:07:21時点 Amazon調べ-詳細)

追記 踏んで曲げて、折りました

事件は7回目のキャンプ、くのわき親水公園キャンプ場で起きました。
くのわき親水公園キャンプ場
1回目のキャンプ(飛騨市森林公園キャンプ場)で踏んで曲げていたのですが、その時点で馬鹿なんですが!!

何を思ったか、曲げを直そうとしたんですね。

足で! 馬鹿! ほんと馬鹿!!
Xステンタフネスベースペグ破損
てこの原理でポッキリ逝っちゃいました。

ペグの曲がりを修正するときは、ハンマー等で叩いて修正しましょうね(ノД`)・゜・。

下記記事では一緒に使用している「ペグハンマー」とペグハンマーの「比較表」を紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました