初心者でも一眼で選び方がわかる!ペグハンマー比較表

テントに付属していたアルミのペグハンマーを壊してしまいました…

新しいキャンプ道具を買うチャンスだ!と鼻息荒く、ネットで検索。

しかし、ペグハンマーだけでもかなりの種類がある模様。

せっかくなので、気になったペグハンマーを一覧表にしてみました。

取り上げるメーカーは、

・スノーピーク(snow peak)公式HP
・村の鍛冶屋(エリッゼ)公式HP
・ロゴス公式HP
・コールマン公式HP
・キャプテンスタッグ公式HP

です!

ペグハンマー購入で悩んでいる方はご参考にどうぞ!

ペグハンマーの比較一覧表

メーカースノーピークスノーピーク村の鍛冶屋ロゴスコールマンキャプテンスタッグキャプテンスタッグ
商品名ペグハンマー
PRO.C
ペグハンマー
PRO.S
St.Martelo
(アルティメットハンマー)
パワー
ペグハンマー
ペグハンマー鍛造 スレッジ
ハンマー2ポンド
プラック アルミ
ペグ抜きハンマー
画像ペグハンマー PRO.Cペグハンマー PRO.Sペグハンマー St.Marteloパワー ペグハンマーペグハンマー鍛造 スレッジ ハンマー2ポンドプラック アルミ ペグ抜きハンマー
重量670g650g550g680g560g1,000g400g
ヘッド材質スチール
(黒電着塗装)
真鍮/ステンレススチール炭素鋼鋳鉄
ハンマー材質スチール
(黒電着塗装)
スチール
(黒電着塗装)
SK55C
(焼入れ)
スチール炭素鋼鋳鉄
柄材質樫の木樫の木樫の木ラバーラバー天然木アルミニウム
希望(税込)¥6,820¥4,290¥5,720¥5,390¥2,480¥3,080¥2,970
実勢(税込)¥6,820¥4,290¥5,720¥4,900¥1,728¥2,620¥1,336
実売参考価格レビューレビューレビューレビューレビューレビューレビュー

ペグハンマーの選び方

ハンマーの重さで選ぶ

・軽いハンマーは持ち運びが楽・柔らかい地面向き
・重いハンマーは硬い地面もペグダウンが簡単
・平均的な重量は約600~700g

テント付属のペグハンマーの多くはアルミ。

軽量で持ち運びは楽でしたが、硬い地面にペグを力一杯打っても、ペグが沈みません。

この時に、ペグハンマーはある程度の重さが必要という事を体感しました。

一度にペグを打ち込める深さはハンマーの重さと関係があります。

キャンパーに人気の重さは約600~700gです。

今回取り上げた、ペグハンマーで一番重いのが、

「キャプテンスタッグ 鍛造 スレッジハンマー2ポンド」 = 1,000gです。

ただ、1,000gは流石に重いですね…

ヘッドの材質で選ぶ

・硬いヘッドは地面の硬さに負けないが、打点がブレる
・柔らかいヘッドは腕の負担が少なく、打点がブレない
・取替可能のヘッドは一生ものになる

ヘッドの材質は、腕への負担に関わってきます。

ヘッドが硬い方が良く思えますが、打撃の衝撃が肘への負担が少ないのは柔らかい面です。

「スノーピーク ペグハンマーPRO.C」と

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥6,820(2020/10/20 09:48:52時点 Amazon調べ-詳細)

「村の鍛冶屋 ペグハンマーSt.Martelo」

はヘッド部分が鉄より柔らかい金属を採用しています。

・スノーピーク ペグハンマーPRO.C = 銅
・村の鍛冶屋 ペグハンマーSt.Martelo = 真鍮(/ステンレス)

どちらも柔らかい材質の為、使用しているとヘッドが擦り減ります。

交換用ヘッドも購入可能なので、「一生もの」として使用できそうです。

グリップの材質で選ぶ

・ラバーグリップはしっかり握れる
・木製グリップは自分好みにできる
・すっぽ抜け防止のストラップは必須

グリップの材質は、ラバー製か木製です

個人的な好みとしては木製グリップが良いです。

握りやすさはラバー製が優れています。

しかし、ラバー製は数年後にはゴムが変質してしまう可能性があります。

この記事で紹介したペグハンマーには、すっぽ抜け防止に手首にかけるストラップが付属しています。

握りが気になる場合は滑り止めグリップの購入も検討しようと思います。

購入を悩んだ2製品を比較

最終的に購入を迷ったのが、

・スノーピーク ペグハンマーPRO.C
・村の鍛冶屋 St.Martelo(アルティメットハンマー)

どちらもメーカーとしてのこだわりが強く表れており、悩ましい。

そこで、詳細に比較しました。

 

メーカースノーピーク村の鍛冶屋
商品名ペグハンマー PRO.CSt.Martelo
(アルティメットハンマー)
画像ペグハンマー PRO.Cペグハンマー St.Martelo
重量670g550g
ヘッド材質銅(有償交換可)真鍮/ ステンレス(有償交換可)
ハンマー材質スチール(黒電着塗装)SK55C(焼入れ)
柄材質樫の木樫の木
持ち手ストレート(交換不能)湾曲(有償交換可)
交換ヘッド¥2,530¥1,320
希望(税込)¥6,820¥5,720
実勢(税込)¥6,820¥5,720
実売参考価格レビューレビュー

価格と性能のバランスが取れているのは「村の鍛冶屋」ですね。

しかし、スノーピークの選択肢が捨て切れないのは「ブランド力」。

ペグハンマーに初期から着目していた点と、スノーピークはなんか「おしゃれ」なんです!

村の鍛冶屋は交換用ヘッドも安価です。

さらに、有償(2,200円+送料)ですが木製の柄の交換を受付けています。

どちらも高い買い物なので、一生ものと考えると「村の鍛冶屋」が優勢に感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました