【予算3万円以上・どっちの道具ショー】ソロキャンプにおすすめ高級アウトドアコット4選!

いや、コットに3万て!

3万円でソロキャンプ用コットとなると比較対象は「ヘリノックス」と「サーマレスト」になります。

もちろん、他のメーカー製品もありますが、軽量・コンパクトを前面に売り出している2社がメイン。

予算1万円で選んだ時もそうですが、「持ち運びやすさ」を重要視です。

実際にキャンプ場で使用した比較ではありませんのでご了承を!

比較した高級アウトドアコット4選

予算1万円で比較した時に、コットの役割や選び方を紹介しましたので今回はざっくりと行きます。

コットの役割
・地面からの冷気防止
・背中の風通し確保
・寝返りを打ちやすくなる
・腰痛の防止 etc
コットの選び方
・テントに入る大きさを選ぼう
・持ち運びやすい収納サイズを選ぼう
・重さの基準は片手で持てるかどうか

そして、今回比較したアウトドアコットは以下の4製品です。

製品名重さ収納サイズ使用時サイズ耐荷重タイプ
ヘリノックス コットワン コンバーチブル
約2.32kg54×16×16cm190×68×16cm145kgハイブリッド
ヘリノックス ライトコット
約1.26kg53×13×13cm185×60×13cm120kgロー
サーマレスト ウルトラライトコット(R)
約1.195kg41×13×13cm183×61×10cm147.5kgロー
サーマレスト メッシュコット(R)
約1.62kg46×18×18cm183×61×10cm147.5kgロー


ヘリノックスのアウトドアコット

コットワン コンバーチブル

created by Rinker
ヘリノックス(Helinox)
¥37,098(2020/10/26 13:41:36時点 Amazon調べ-詳細)
総重量:約2.32kg
収納時:54×16×16cm
使用時:190×68×16cm
耐荷重:145kg
組立方法:レバーロック
スタイル:ハイブリッド

高級キャンプコットの分野を牽引しているのが「コットワン コンバーチブル」です。

軽量キャンプ道具を数多く出しているヘリノックスの人気コット。

収納時(約)54×16×16cm(約14L)、総重量2.32kgとライトコットと比較すると若干持携帯性が劣ります。

力が弱い人でも組立てられるレバーロック方式、耐荷重145kgでライトコットが犠牲にした性能があります。

コットレグを取り付ける事でハイコットにもなり、スタイルを選べるのも魅力ですね。
(でも、ソロなら荷物が多くなるだけな気がします。)

ライトコット

created by Rinker
ヘリノックス(Helinox)
¥28,582(2020/10/26 13:41:36時点 Amazon調べ-詳細)
総重量:約1.26kg
収納時:53×13×13cm
使用時:185×60×13cm
耐荷重:120kg
組立方法:はめ込み
スタイル:ロー

ヘリノックスの最軽量コット。

収納時(約)53×13×13cm(約9L)、総重量1.26kgで片手でも軽々持てる重さは嬉しいですね。

軽量性重視のため、レバーロックは無く、コットワンより脚が一本多いので組立やすさは一歩劣ります。

高性能なマットレスを持っているなら軽量コットにしようかな…という感じ。

サーマレストのアウトドアコット

ウルトラライトコット R

総重量:約1.195kg
収納時:41×φ13cm
使用時:183×61×10cm
耐荷重:147.5kg
組立方法:はめ込み
スタイル:ロー

今回の比較対象の中で最軽量かつ最小なのが「サーマレスト ウルトラライトコット」です。

収納時(約)41×φ13cm(約5.5L)、総重量1,195gと軽量コンパクト!

脚が三日月型になっているので、地面との距離は近くテント内へ入れても圧迫感を感じにくそうです。

メッシュコット R

総重量:約1.62kg
収納時:46×18×18cm
使用時:183×61×10cm
耐荷重:147.5kg
組立方法:はめ込み
スタイル:ロー

張り材がメッシュになっているので通気性がよく夏向けなのが「サーマレスト メッシュコット」です。

収納時(約)46×φ18cm(約12L)、総重量1,620gなので片手で持てますね。

夏用コットは選択肢が少なくないですが、サーマレストから出ているのはありがたいですね。

ウルトラライトコットと同じく円形の脚になっています。

持ち運び関係なしで選ぶならコレ!

今回の趣旨には反しますが、3万円以上のコットは各メーカーのこだわりが強く出ています。

中でも、気になった日本メーカー2社のコットをご紹介します。

ロゴス グランベーシック Bed Style BIGコット

総重量:約14.5kg
収納時:23×17×113cm
使用時:217×111×51cm
耐荷重:120kg
組立方法:開脚・フレーム差し込み
スタイル:ハイ

「ロゴス グランベーシック Bed Style BIGコット」は、組立ると家庭用シングルベッドサイズになるという大きめコット。

別売の「Bed Style」シリーズを買い揃えてソログランピングも目指せそうです。

収納時(約)23×17×113cm、総重量14.5kgなので車を使った運搬が基本となります。

また、使用時(約)217×111×51cmを収容できるテントも必要。

リゾートらしさを求めるなら要検討ですね。

スノーピーク コット ハイテンション

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥80,290(2020/10/26 13:41:38時点 Amazon調べ-詳細)
総重量:約6kg
収納時:125×16.5×14.5cm
使用時:200×65×32cm
耐荷重:表記なし
組立方法:開脚・フレーム差し込み
スタイル:ロー

「スノーピーク コット ハイテンション」は、今回検討した中で最高金額のコットです。

デザイン性・堅牢性はさすがスノーピーク。

収納時(約)125×28×20cm、総重量6kgなので長さに目を瞑ればなかなかスリムです。

ただし、私の予算的ではちょっと無理。

あぁ、5,000兆円欲しい。

高級アウトドアコット4選のまとめ

囁く猫
冒頭の通り、私が欲しいと思っているコットを検討用に並べた記事になります。情報弱者が発信者に回ってお送りします。

キャンプ中イマイチ眠りが浅く、疲れが残ってしまう方はぜひ参考にしてください。

そして、実際に利用した事がある方は使用感を私に教えてください。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました