【SOTO アミカス(SOD-320)レビュー】ソロキャンプに心強い軽量コンパクトなコスパ重視のバーナー

初めて買ったバーナーが「SOTO アミカスSOD-320」でした。

焚き火よりも扱いやすい熱源として炊飯などキャンプ中の調理で大活躍です。(๑˃̵ᴗ˂̵)
SOTOのAMICUS-SOD320のアイキャッチ

購入の決め手になったのが以下の3点!

1.風防要らずの高い耐風性能
2.収納サイズSOTO最小・81gの超軽量
3.アウトドアで使いたくなるデザイン

ここでは「SOTO アミカス(SOD-320)」のサイズや特徴、メリットデメリットをご紹介します。

SOTO アミカスSOD-320のスペック・特徴

メーカーSOTO(ソト)新富士バーナー
名称AMICUS (アミカス)
型式SOD-320
価格¥5,280(税込)
サイズ使用時:幅76×奥行100×高さ86mm(ゴトク径 106mm)
収納時:幅40×奥行43×高さ75mm
重量81g(本体のみ)
発熱量3.0kW(2,600kcal/h)
素材バーナー・器具栓つまみ:ステンレス
点火スイッチ:樹脂
使用燃料LPG液化ブタン(パワーガス250トリプルミックス SOD-725T
ガス消費量150g/h
公式HPSOTO(ソト)新富士バーナー 製品情報

シングルバーナーといえば「SOTO」でしょ!っとイメージ先行で購入しました。

組立も簡単で、使用時、収納時共に場所を取らないソロキャンパーに優しい製品です。

使用時の特徴

アミカスSOD320使用時
使用時のサイズは幅76×奥行100×高さ86mm(ゴトク径 106mm)です。

他のSOTOシングルバーナーは左手側ですが、アミカスは右手側に着火スイッチがあります。
アミカスSOD-320の着火スイッチ

4本足のゴトクは700gの鉄スキレットを載せても、安定感抜群!
アミカスSOD320と鉄スキレット

バーナー部分は上位機種にあたるウインドマスターと同様のすり鉢構造で高い耐風性能を実現。アミカスSOD320すり鉢状になった火口

風が強い日でも安定した火力を出します。

収納時の特徴

アミカスSOD320収納時
収納時のサイズは幅40×奥行43×高さ75mmです。

専用の収納ケースが付属しているのも嬉しいですね。

リップクリームと比較しました。かなりコンパクトです。私はニューリバーポットの中に230gのOD缶を入れているので、サーモスタックの350マグ内に入れて持ち運んでいます。
(105gのOD缶ならばニューリバーポット内に収まります。)

SOTO アミカスを実際に使って分かったこと

小さなボディから想像以上の高火力を生み出すシングルバーナーです。

手早く済ませたい朝食や、ちょっと休憩したい時の湯沸かしなど活躍しまくりです。

キャンプの次は登山など他のアウトドアを楽しもう!という人も、満足できる能力があります。

SOTO アミカスのメリット:軽量コンパクトで高火力

高い耐風性能が安定した高火力を生み出す

すり鉢状になった火口

アミカスはバーナー部分がすり鉢構造の為、火口に直接風があたりません。

その為、耐風性能が確保され、存分に火力を発揮してくれます。

ウインドマスターと肩を並べる発熱量を実現しており、トータルバランスに優れています。
(発熱量:ウインドマスター3.3kW アミカス3.0kW)

ウインドスクリーン(風除け)を使えば風の心配は無いのでは?と考えていました。

しかし、シングルバーナーの火力を心配しないといけない風はウインドスクリーンも普通に倒されます( ;´Д`)

バーナー単体での耐風性能の大切さを実感しました!

収納時は小さく、組立は簡単に

収納時のアミカスはまさにポケットサイズ。
アミカス収納時の高さ
クッカーの中にOD缶と一緒に入る大きさなので、荷物の量を減らしたいソロキャンパーには嬉しいサイズ感です。

アミカスの組立は4本のゴトクをそれぞれフックに掛けるだけとめっちゃ簡単です。
アミカスSOD320の組立

火力が欲しい時にすぐに使えるのが便利ですね。

使用時もコンパクト!テーブルを占領しない

アミカスSOD-320とアルミローテーブル
ゴトクを広げた時のサイズが直径106mmなので、OD缶の直径とほぼ同じ。

CB缶(カセットボンベ)タイプのバーナーよりも取り回しが効く為、省スペースを求めるソロキャンパーには嬉しい点です。

それでも、直径12cmのニューリバーポットを安定して支えてくれます。

シングルバーナーと焚き火

炊飯時に1kg近くなる重さを載せても大丈夫でした。

キャンプで映える格好良いデザイン

OD缶とAMICUS-SOD320を接続した様子
単純にSOTOのデザインに惚れた!という話です

マットグレーを基調にシックなデザインが「キャンプで使いたい!」とワクワクします。

お気に入りの道具に囲まれるのもキャンプの醍醐味ですからね!

SOTO アミカスのデメリット:ランニングコストが高め

消耗品であるOD缶が割高

soto_sod-725tの外観

メーカー商品名内容量(g)希望(円)実勢(円)円/g実売参考価格
スノーピークGP-250SR(銀缶)2204954752.16レビュー
コールマン純正LPガス燃料 Tタイプ2307485402.35レビュー
キャプテンスタッグPX-25023012005702.48レビュー
プリムスハイパワーガス(小)2306605942.58レビュー
SOTOSOD-725T2306386382.77レビュー

主要なメーカーのOD缶(230g)の価格表です。

SOTOのOD缶は、他のメーカーと比較して高価です。

ガス缶は消耗品ですので、何度も購入しますが、正直ソロキャンプでは誤差の範囲内に感じます。

経験上、1泊2日のキャンプへ7~8回程行って、230g缶が1個無くなるペースなので、あまり気にしていません。

直噴型なので一点に熱が集中する

一点集中型の炎なので効率の良い加熱ができる反面、調理をする時のコゲの原因になります。
肉まんと鍋敷き
炒め物や焼き物など広い範囲を均一に加熱した料理には不向きです。

私はこういった調理をする時は焚き火で対応しています。

しかし、炊飯の時は中心が加熱されることで対流が生まれて上手に炊けるので向き不向きがあるということでしょうね。

SOTO アミカスSOD-320はどんな人におすすめ?

耐風性能が高く軽量コンパクトなシングルバーナー(OD缶)を探している方におすすめです。

組立が簡単で高火力な為、欲しい時にすぐ使える便利な熱源です。

トレッキングや登山で使われている、SOTO製品を信じて正解でした。

まとめると、アミカス(SOD-320)はこんな人におすすめです。

・軽量・コンパクトなバーナーが欲しい人
・テーブルを占領しないバーナーを探している人
・ SOTOのデザインが好きな人

SOTO アミカスSOD-320レビューのまとめ

アミカスで調理
小さなボディからは考えられない安定した火力を使えるシングルバーナーです。

キャンプ用品はこだわると終わりがありませんが、シングルバーナーはアミカスを使い続けていこうと思います。

値段・性能・デザインの全てのバランスが良い製品です。

最後におすすめポイントと残念なポイントをもう一度おさらいです。

・軽量・コンパクトで携帯性バツグン
・耐風性能が高く安定した火力を生み出す
・使用時もコンパクトでテーブルを占領しない
・OD缶の値段が少し割高
・広い範囲の加熱は不向き
・ウインドマスターが気になる |д・) ソォーッ…

お得なセットを要チェック

アミカスとニューリバーポットのセット
私はポットとセットになった「アミカスポットコンボ SOD-320PC」を購入しました。

アミカスだけでも4,800円、ポットも2,300円です。

ポット(クッカー)を持っている方はアミカスだけの購入も「アリ」ですが、「これからキャンプを始めるよ!」という方はこちらのセットが断然おすすめです。

created by Rinker
SOTO(ソト)
¥6,600(2020/10/25 07:12:53時点 Amazon調べ-詳細)

下記記事ではアミカスと一緒に使っている「SOTO ニューリバーポットM SOD-511」と「SOTO サーモスタッククッカーコンボ SOD-521」を紹介しています。

ぜひ、読んでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました