【ほったらかし温泉 レポート】抜群の眺めとまったり過ごせる休憩所でリラックス

山梨県山梨市にある絶景の露天風呂「ほったらかし温泉」へ行ってきました。
ほったらかし温泉のアイキャッチ
正直に申し上げます。ゆるキャン△に出てきたから行ってみたかった…

完全に聖地巡礼目的でしたが、良い温泉ですね。

みたまの湯の時も思いましたが、山梨県は絶景の露天風呂多すぎです。

ここでは、「ほったらかし温泉」について書いていきます。

ほったらかし温泉の基本情報

名称 ほったらかし温泉
住所 〒405-0036 山梨県山梨市矢坪1669-18
営業時間 日の出1時間前~22:00
定休日 記載なし(不定休)
入浴料 大人(中学生以上)800円 / 小人 400円

タオルの販売もある

通常のタオルが200円、バスタオルが1,000円です。
ほったらかし温泉受付の入り口
どちらもオリジナル商品で欲しくなるデザインでした。

タオルを忘れても安心ですね。

あっちの湯とこっちの湯、おすすめはどっちの湯

ほったらかし温泉は「あっちの湯」と「こっちの湯」があります。
あっちの湯入り口
名前だけではどんな温泉か分かりません。

見た目でわかるのが広さです。

「あっちの湯」は「こっちの湯」の約2倍広いです。

今回は「あっちの湯」だけに入ってきましたが、確かに広い!

洗い場も充実しており、初めてなら「あっちの湯」と言われる利用が分かりました。

キャンプ場が隣接

「ほったらかしキャンプ場」が温泉北側の丘の上にあります。

また行きたキャンプ場が増えてしまう。(。-∀-)ニヒ♪

ほったらかし温泉を利用する時の注意点

山頂にあるので道が険しい

笛吹フルーツ公園を登り切った先の頂上にほったらかし温泉はあります。
ほったらかし温泉の駐車場
ほったらかし温泉までは傾斜がきつい坂道が続きます。

フルーツ公園も人気の観光スポットなので道が整備されているのが、せめてもの救いです。

食事処も青空営業

お風呂上がりに名物の温玉揚げを食べながら、ふと思ったのが雨が降った時のこと。
堀田かし温泉の食事処
晴天時の開放感とトレードオフで、雨の日は厳しい環境になります。

何せ、露天風呂がメインですし、食事処も屋根のないエリアの方が広い。
ほっらかし温泉の休憩所入り口
駐車場や休憩場までも遠い。

利用する時は天気予報を要確認です。

カメラの持ち込み禁止

絶景の露天風呂なので、写真を撮りたくなりますが、もちろん禁止です。

お風呂場ですからね。スマホは電源を切って脱衣所に置いておきましょう。

絶景は心のシャッターで残しておいてください。

休憩所から出て行きたくなくなる

ほったらかし温泉の休憩所
お尻に根が生えます。

その後、背中にも根っこが生えて、気がつけば1時間昼寝します。

休憩所が快適すぎて、キャンプ場に戻りたくなくなるのです。

快適すぎる休憩所はデメリットにもなってしまうのか…

ほったらかし温泉のレポートまとめ

ただの聖地ではありませんでした。

富士山が見える露天風呂が売りですが、その下の甲府盆地も絶景です。

次はぜひ「こっちの湯」に入って、ほったらかしキャンプ場でキャンプしたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました