【GENTOS Explorer EX-V777Dレビュー】防塵・防滴だけじゃない!2m落下耐久のLEDランタン

Amazonで購入した格安LEDランタンを不慮の事故で亡くしてから、数回目のキャンプ。

私、思いました。ちゃんとしたランタンを買おう!

そこで「GENTOS Explorer EX-V777D」買っちゃいました。
Explorer-EX-V777Dのアイキャッチ
この製品1つで、メインランタンもテーブルランタンもこなせる万能ランタンです。

さて、ここでは「GENTOS Explorer EX-V777D」のサイズや特徴、メリットデメリットをご紹介します。

GENTOS Explorer EX-V777Dのスペック・特徴

メーカーGENTOS(ジェントス)
名称Explorer EX-V777D
価格¥4,378(税込)
サイズ(約)W102.4×H184.1×D87.3mm
重量(約)802g(電池含む)
落下耐久2m
防水保護等級IP64(防水防塵)
点灯時間High:約27時間
Eco:約78時間
付属品ハンガーフック
使用電池単1形アルカリ電池×3本
参考GENTOS(ジェントス) オンラインストア

暖色系のLEDランタンです。

シンプルで無骨なデザインがグッと来ますが、人によっては苦手かもしれません。

使用時の特徴

Explorer-EX-V777D使用時
明るさが「High(ハイ)」と「Eco(エコ)」の二段階調光できる暖色系LEDランタンです。

使用時は単一電池3個使用します。

上部は吊り下げても良し、手で持っても良しのハンドルがあります。
Explorer-EX-V777Dのハンドル

底面のビルトインフックがキャンプ時に重宝します。
Explorer-EX-V777Dのビルトインフック

トップカバーは着脱可能で、取り外して逆さ使用するとサイト全体を影無く照らせます。
Explorer-EX-V777Dのカバーを取り外した様子

収納時の特徴

Explorer-EX-V777Dの高さ
収納袋は保続しておらず、裸一貫で保管します。

私も持ち出す時は、そのままカバンの中に入れています。

いかにもランタンといった風貌の為、インテリアの一部として部屋に見せる収納もできそう。

GENTOS Explorer EX-V777Dを実際に使って分かった事

ソロキャンパーならこれ1つでランタンは要らない!と感じる機能性重視の定番ランタンです。

高耐久で点灯時間も長く、バッテリーは乾電池式。

シンプルな構造と変わらないデザインは長い間、愛着を持って使用できそうです。

オイルランタンやガスランタンのような風情は感じにくいですが、キャンプの雰囲気を壊さない適度な明るさも魅力です。

GENTOS Explorer EX-V777Dのメリット:幅広く活躍する万能クッカー

サイト内を照らすのに十分な光量

Explorer-EX-V777Dがサイトを照らす様子
Highモードであれば360ルーメン。Ecoモードでも150ルーメンとソロキャンパーのサイト内を照らすには十分な明るさです。

メインランタンとしては、明るさが弱いかもというレビューも見かけましたが、私はHighモードがかなり明るく感じました。

夜は暗い方が雰囲気が出て好きなので、いつもEcoモードで使用しています。

明るすぎる光源はせっかくのキャンプムードを壊すので、暖色150ルーメンがぴったりでした。

オイルランタンと比較するとその明るさは歴然です。

高耐久性で長く使えそうな安心感

Explorer-EX-V777Dの下部
このランタン最大の特徴が堅牢性。

2mの落下耐久とIP64の防塵・防滴性能が魅力です。

1個目のLEDランタンを落下事故で壊してしまったので、落下耐久2mは購入の大きな決め手になりました。

ランタンスタンドにぶら下げると2m弱くらいですので、落としてしまっても大丈夫そう。

底部と上部がラバーで覆われており落下に対する安心感があります。
(故意に落とすのは怖いので試していませんよ。(*´∀`))ナイナイ )

電池持ちが良く、連泊キャンプもどんと来い

また、連続点灯時間はHighモードで約27時間、Ecoモードで約78時間です。

Highモードで夕方6時から夜10時まで使用しても6日間は電池が持つ計算です。

実際はEcoモードで使用することが多いので更に電池持ちは良くなりそう。

2泊3日キャンプなどの連泊も安心ですね。

防災グッズに転用できる乾電池タイプ

Explorer-EX-V777Dの乾電池
使用する電池は単一電池3個。

内蔵バッテリーの製品は使いたい時に充電を待つ必要がありますが、乾電池タイプは電池交換という分かりやすいシステムが良いですね。

停電が起きた時に光らないライトはただの文鎮ですから、乾電池タイプは家庭に1つ常備しておくと非常時に活躍します。

一緒に電池を保管しておく必要はありますが、バッテリー製品が多くなった今、不意に使うことも少ないです。

キャンプ用品としての役割を終えたら、防災グッズにジョブチェンジできますね。

耐久性が高いので、水濡れや下敷きになり破損する可能性も低いです。
(家庭内審議を通しやすくなる大義名分にもなります。)

GENTOS Explorer EX-V777Dのデメリット:テントに掛けるには重い

堅牢性の引き換え、総重量802g

Explorer-EX-V777Dの重量
家に届いた「 Explorer EX-V777D」の第一印象が「ゴツい」でした。

電池を入れて重さを計測すると826gでした。(メーカー公称値:802g)

大きさはカセットボンベ(写真はエアーダスター)くらいの大きさですが、存在感があります。
Explorer-EX-V777Dの高さ
電池を入れた状態の総重量が802gで、かなりがっしりとしたランタンの為、持ち運びは少し重たく感じるかもしれません。

テント内のフックには荷が重い

Explorer-EX-V777Dを逆さに使用
テント内フックには、文字通り「荷が重い」です。

私が使用している「ヘキサイーズ1」というテントは、前室部分にランタン用のフックがありますが、引っ掛けるのは勇気が必要です。(付けようと思えば付けられます。)

使用方法はテーブルや地面の上に置くか、ランタンスタンドを準備した方が良いでしょう。

私は「キャプテンスタッグ アルミランタンスタンド」を使用していますが、やっぱりランタンスタンドの方が安心です。

バッテリーインジケーター非搭載

Explorer-EX-V777Dのボタン
上位機種にあたる「Explorer EX-1300D」や購入を迷った「Explorer EX-036D」は、電池残量がわかるインジケーター機能があります。

しかし、「Explorer EX-V777D」は非搭載。

乾電池の残量が分かるのは重要な機能だと思うので、できれば付いていて欲しかった(;´ω`)φ..イジイジ

キャンプに行く前は点灯するか確認しておきましょう!

GENTOS Explorer EX-V777Dはどんな人におすすめ?

高耐久で防塵・防滴な頼れるLEDランタンを探している方におすすめです。

堅牢製を主張するゴツい見た目が気に入っています。

2段階調光で好みの明るさにできる為、探し物の時は明るく、雰囲気を大切にしたい時は暗くと使い分けできます。

まとめると「GENTOS Explorer EX-V777D」はこんな人におすすめです。

・ある程度の重さ・ゴツさは許容できる
・高耐久で防塵・防滴のランタンを探している
・信頼できる製品にメインランタンを任せたい
・明るいけれど雰囲気を壊さないランタンを探している

GENTOS Explorer EX-V777D レビューのまとめ

Explorer-EX-V777Dを吊るして使う
サイトを照らすメインランタンにもベッドサイドの読書灯にもなる万能選手です。

私には「Explorer EX-1300D」は明るすぎ、「Explorer EX036D」の落下耐久性に不安が残ったので「Explorer EX-V777D」に決めました。

ハードな現場でも使われる事のあるGENTOSの信頼度も購入を後押ししました。

購入した理由は色々ありますが、GENTOS製品は既に「閃 SG-330」というペンライトを使用しており、信頼感に折り紙付きだった事が決め手になりました。

最後におすすめポイントと残念なポイントをもう一度おさらいします。

・ソロキャンプのサイトには十分な光量
・防災グッズへジョブチェンジもできる
・2mの落下耐久とIP64の防塵・防滴性能
・メインランタンにもサブランタンにもなる万能ランタン
・堅牢製とトレードオフの総重量802g
・現場感の強いゴツいデザイン(だが、それが良い)

下記記事で、私が使用している「サブランタン」、「ランタンスタンド」、「オイルランタン」を紹介しています。

ぜひ参考に読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました