ソロキャンプに必要な調味料は手軽なあの容器の再利用がおすすめ

ソロキャンプで地味に困るのが調味料の問題です。

おしゃれなスパイスボトルとか使えば良いのでしょうけど、実際のところ、高くない?

とか思って家の中を捜索したらありました、良さげな物。

それが「飲むヨーグルト R-1の空き容器」です。
ツールバッグに調味料
ここでは、R-1の空き容器を実際に使ってわかった良さを紹介していきます。

侮れない空き容器のキープ力

液体調味料も粉末調味料もOK

私が空き容器に入れているのは

調味料

・インスタントコーヒー
・塩胡椒
・醤油
・サラダ油
・食器用洗剤

たまに「すき焼きのたれ」が加わります。

飲むヨーグルトを保管しているだけあって、液体調味料の保管性は抜群です。

使用後に液垂れすることなく使えます。

塩胡椒などの粉末状の物もサラサラと出せます。

気をつけないとドバッと出てしまいますので要注意ですが、詰まりが起きないのでとても便利です。

さすがは市販品。きっちり閉まるキャップ

ツールバッグにスポンジ
持ち運びを考慮せなばならぬ以上、キャップの性能は求められます。

この辺りもさすがは明治。

飲み切りサイズのペットボトルですが、何度開け閉めしても大丈夫です。

傾けても、逆さに向けても溢れる気配はありません。

中身が見やすい透明ボディ

調味料
市販された状態では、デザインパッケージがあります。

それを剥けば、透明の容器が出てきます。

中身の残量がわかり、調味料の間違いが無くなります。

サラダ油と食器用洗剤を間違えて、クッカーがベトベトになったのは良い思い出。

湿気対策は珪藻土スティックがおすすめ

ニトリなどで売っている珪藻土スティックを入れれば、容器内の湿度を管理できます。

ちょうど、一本入るサイズなのでおすすめです。

デザインの好みは人それぞれ

くびれたデザインでパッケージがついている時は格好いいのですが…

あからさまにR-1の容器ってわかりますからね。

おしゃれな感じを気にする人は「う〜ん」ってなるかも。

しかし、ソロキャンプで人の目を気にしないならこれほど優れた容器はないでしょう。

まとめ

調味料を入れた工具箱
料理を決めてからキャンプ行くので、調味料をカートリッジみたいに使えるのが萌えます。

おしゃれなキャンプには似合わないかも知れませんが、自分の興味が薄い部分は削れるのがソロの魅力。

誰かに見せるためにアウトドアやってるわけでない場合、おすすめの容器ですよ。

↓ この記事で紹介した製品です。

下記記事では「100均スキレット」と「調理器具」を紹介しています。

ぜひ読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました